『DEATH NOTE』

漫画

悪は視点の問題です。今でも、吉良の目的が正しいかどうかという議論を目にすることがあります。死に値する人間はいるのか?もしそうなら、誰が裁きを下し、処刑を実行する権力を持つべきなのか。デスノートは、そのような権力を付与されたシナリオを見るものである。

デスノートの基本的なストーリーは、実は単純である。美貌の天才高校生・夜神月が、世界的な変人探偵・Lと、お互いの正体を知らないまま、出し抜こうとする駆け引きをする。シンプルである。

この作品をクールで洗練されたものにしているのは、「デスノート」という本の存在である。この本は不思議な力を持っている。その本に誰かの名前が書かれると、その人は死んでしまうのです。その本の持ち主であるライトは、不正や犯罪を憎み、この世から不道徳なものを一掃するために裁きを始める。

一方、Lは光とは正反対の立場にある。Lはライトがやっていることも犯罪だと考え、デスノートの持ち主を捕まえ、牢屋に入れようとしている。

デスノートは、2005年から2007年にかけて英語版が公開されました。高校生の主人公が死神と出会い、彼が特別なノート(デスノート)に名前を書いた者は死んでしまうというストーリーです。原作は大場つぐみ、作画は小畑健で、「バクマン」「プラチナエンド」でもコンビを組んでいる。小畑は『ヒカルの碁』や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も描いている。

この作品は、学生(ライトと名付ける)が、社会不適合者のティーンエイジャーの刑事と猫とネズミを演じるという、中毒性のあるストーリーテリングである。ライトは自分が善のために働いていると思い込んでいるが、他のみんなはビクビクしている。(私は、このシリーズを続けるために途中でリセットされたときにあきらめました;加えて、女性たちがかなり悪く描かれています)。他のメディアでも何度も映画化されており、最近ではNetflixでアメリカのリメイク版が公開されている(これはあまり評判が良くないようだ)。また、過去には、12冊の単行本に、シリーズの背景やインタビューなどを収録した「読み方」という13巻を加えたボックスセットもあった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました